山田花畑のおしゃべりブログ

糖質制限 (MEC) ダイエットやレシピ、お弁当、低糖質食品や知恵袋など、いろいろ公開しています♪

二ヶ月半で BMI 21.04

さてさて、8/17 から糖質制限ダイエットを始めて、二ヶ月半ほど経過しました。
とうとう体重は 50Kg を切り、40Kg 代へ突入。
BMI は 21.04 です。

すでに 8 Kg 以上減ったことになります。
今までこんな短期間に、これだけ痩せたことはありません。

ジムのトレーナーにアドバイスを受けても、運動のマネジメントをしてもらっても、全然だめでした。
多少は減りますけど、多少止まりだったです。

代謝の仕組みを理解していなかったから、どのやりかたにも無理と無駄があったわけです。

糖質制限ダイエットとあわせて、先週より半日断食も実行しているので、本当に余分な脂肪が落ちてきました。

f:id:hanabatake3:20150211074013j:plain


半日断食とは、朝食抜きの一日二食の生活のことを言うそうです。
私は先週から昼食 12 時、夕食 19 時以外、何も食べません。
朝は、エリスリトールかラカント S 入りのドリップコーヒーを一杯飲むだけです。

10 時を過ぎると空腹を感じますが、心配せず、すでにチャージしてある脂肪からエネルギーを作ってくれるまで待ちます。
そうやって待っていると、身体のあちこちがポカポカしてきます。
これが意外と気持ち良いのです。

そして 12 時から楽しみなお弁当を食べます。
昼寝の後 13 時前にラカント小さじ 1/2 入りのコーヒーを飲んだら、18:30 頃まで空腹は感じません。
前は 15 時ごろにはお腹がすいて我慢ができなかったのに。

脂肪チャージの法則を理解してから、空腹が怖くなくなりました。
大丈夫、絶対倒れたりしません。
私たちの DNA には縄文人だった時の情報も記憶されているはずですから、本来数日食べなくても平気なわけですよ。

「お腹すいても、平気、怖くない、倒れない、すりきれない」

仕事が終わって、家の近くまで帰って来ると、遠くから空腹かもー?くらいの穏やかなサインを感じます。
でもすぐには食べません。
着替えて、荷物を片づけて、簡単な夕食の支度をしてから慌てないで食べ始めます。

朝ごはんを食べなくなってから、買い物がグンと減りました。
一度に食べられる量も、だんだんわかって来ました。
一か月前は、まだエンゲル係数が高いかな???と心配でしたが、一日二食にしてからは、ずいぶん買い物が減り、安心しました。

一番の収穫は、空腹を楽しめるようになったこと。

ちなみに、体重は、朝 5 時と帰宅後着替えの最中の二回、はかるようにしています。
余分な脂肪が無くなって行くのをリアルに楽しめて本当に楽しいです。

空腹なんて怖くない!!です。

そして、空腹時に焦燥感を感じるようであれば、あなたは要注意の糖質依存症ですよ。
糖質は、コカインを摂取した時に刺激される脳の部位と同じ場所が刺激されるのだそうですよ。

怖い、怖い。
実は危険な食べ物なのです。
糖質は嗜好品です。毎日毎食食べていると病気になります。

「糖質オフ!」健康法 主食を抜けば生活習慣病は防げる!