山田花畑のおしゃべりブログ

糖質制限 (MEC) ダイエットやレシピ、お弁当、低糖質食品や知恵袋など、いろいろ公開しています♪

体内時計修正

みなさま、おはようございます。
今日は休日出勤の代休で、こんな時間に更新しております。

もともと、毎朝 6 時には起床しておりましたが、3 年ほど前から休日も含め毎日同じ時間に起床するようになりました。

体調を崩してから、方面別通院が増え、現在は赤ひげ内科、消化器科、婦人科、歯医者に定期通院中。
この赤ひげ内科が面白い病院で、全身の健康状態にアドバイスをくださいます。

あれは 3 年前。
仕事が不規則だったこともあり、疲れやすく、天気に左右されやすい私に、主治医は面白い記事を見せてくれました。

知って得する!遺伝子を活用して衰えた記憶力・体力を回復させる方法 | 番組内容 | コミコミクリニック みんなの家庭の医学

f:id:hanabatake3:20150210234045j:plain


記事の趣旨は以下です。

休日平日関係なく、毎日同じ時間に起床すると、3 週間程度で時計遺伝子が目覚め、体内時計を矯正できる。
体内時計を矯正することにより、記憶力、体力、運動能力等が向上するとともに、
ダイエットも成功する。

主治医は、最後のダイエットを強調して紹介してくれましたが、、その記事には数名のかたの実験結果も掲載されており、興味深いものでした。
一番私の心情に突き刺さったのが、ある女性の実験結果、実験前に背中のチャックがしまらなかったウェディングドレスが着られるようになったこと。
これは私でなくとも、女性であれば誰もが気になる話題。

この矯正、毎日同じ時間がポイントだそうです。

私は多分小学生の頃から、体内時計が狂い始め、誰もが経験することと思いますが、思春期には機能停止、そのまま月日が経過しておりました。
疲れやすく、体調が気候に左右され、多分ウィルスとは関係の無い風邪をよく引きました。

時計遺伝子よ目覚めよ!

はじめの一歩は毎日 6 時から始めました。
毎日に慣れてきたら、5 時半、5 時。現在は 4 時 50 分。

5 時台に起床なんて、拷問だと、それまでは思っておりました。
が、今はとても快適です。

特に休日の一日が長い。
それまでの 3 倍、濃縮した一日を過ごせます。
大事な用事は先にやってしまいます。

そうそう、ビジネス本で有名な中島孝志氏の本にもありました。
今の私は 4 時 50 分が最適なのですが、あと 10 年したら 4 時に起きているかもしれません。

身体的には、代謝が向上します。
成長ホルモンが一番分泌される時間には熟睡しているので、美容効果が大です。
そして疲れにくくなります。

こんな背景があり、一日がとても効率よく回り始めます。

中島氏の本は、ビジネスマン向けに書かれておりますが、毎日の早起きは万人の生活を最適化するものと思われます。

で、ダイエットに効果はあったかと言いますと、代謝が上がったことで、多少の効果はあったのかもしれません。
それまでより痩せやすくなったとは思います。

それよりも、自分の身体をメンテナンスでき、日常の疲労から守る手段を得たことが大きな成果だったと思います。

参考までに。

「朝4時起き」の超習慣術