山田花畑のおしゃべりブログ

糖質制限 (MEC) ダイエットやレシピ、お弁当、低糖質食品や知恵袋など、いろいろ公開しています♪

必要!| メールの返信に RE: は必要か?

一週間ほど前の情報サイトに、こんなタイトルで記事が掲載されていました。

ふむふむと、読んでみましたが結局、どっちなんだよ!と思うような内容でした。

しかし、これは必要!が正解と考えます。
理由があります。

受信したメールに対して、返信を作成すると、自動でタイトルに "RE:" が付きませんか?
"RE:" は "replay" (返信) の頭文字二文字の略称で、受信メールに対しての返信を意味します。

まんまです。

これが理由です。

f:id:hanabatake3:20150211120245p:plain


この機能は必要なので付帯しています。
メールは「電子メール」の略です。

電子メールがプライベートに普及したのは、ごくごく最近で、それまでは団体、企業などの連絡手段として使用されていました。

この電子メールには本文の趣旨を表すタイトルがつけられ、その連絡が間違いなく受信された、または受信されたメールに対し、返信された、それに対し、何度かやり取りが発生と言った順番に、通信が重ねられるものでした。

電子メールを連絡手段として使用する団体、企業では、複数の連絡が電子メールを介してやり取りされました。
そして、そのやり取りは瞬時に行われるものではなく、必ずタイムラグが発生するため、元の電子メールに対しての返信であることが一目でわかるように、分類の工夫がされました。

メールソフトの機能は向上し、要件に対しての返信が、スレッドで表示できるようになり、件名や受信者でソートできるようにもなりました。

なぜスレッドで表示させるかと言えば、複数のやり取りに、追跡したい電子メールのやり取りが埋もれてしまうからです。

電子メールはタイトルでその趣旨を識別することができます。

電子メールはタイムラグのあるデジタル会話です。
会話が継続しているのであれば、タイトルに変更を加えないようにしましょう。

どうしても変えたい場合は仕方ないですが。
電子メールをいただいたかたへ返信する場合は、わかりやすくタイトルには "RE:" をつけましょう。