山田花畑のおしゃべりブログ

糖質制限 (MEC) ダイエットやレシピ、お弁当、低糖質食品や知恵袋など、いろいろ公開しています♪

バターが品薄なら作ってしまえ!手作りバター

さてさて、続いてまいります。

先日ニュースで、バターが品薄とありました。
なんでも昨年の猛暑が影響して、乳牛から生産される乳量が減っているからだそうです。

牛乳の生産量は減らすわけにいかないので、そのツケはバターにまわり、今やスーパーでバターを見る機会が減ってきているのだそうです。

本当???

と思って、のぞいてみました。

うんうん。

たしかに、バターライクなマーガリンは何種類かありますが、本当にバターがない!!!
近所のドラッグストアーを探したところ、なぜか、無塩バターだけひと箱残っていましたが、普通のバターはありませんでした。
迷わず、買い物かごに投入ーーー

では。
気を取り直して、なかったら作ってしまえ!!!!と。
作り方を検索します。

できれば牛乳で作りたい。
しかし!!
市販されている牛乳からはバターを作ることはできないんですって。

唯一バターを作ることができるのは、牛さんから絞ったばかりの、何の加工もしていないお乳だけなんだそうです。
そして、牛乳以外で材料になるのが、生クリームで、こちらは乳脂肪分が高いほど、美味しいバターができるんだそうです。

では、さっそく作ってみましょう!!

[材料]
生クリーム 200g
500ml のペットボトル 1 本

ペットボトルはよく洗って、乾かします。

t12.png

水滴が取れないようでしたら、こんな風に菜箸の先にコットンなど巻きつけてゴシゴシと。

t14.png

はい。こんな感じです。

次に、ペットボトルに生クリームを入れます。

そして、シャカシャカ振ります。
t15.png

しばらく振っていると、音が鈍くなってきて、ボトルが真っ白になってきます。
t09.png

なんとなく、振りにくく、重く感じたらボトルの上部を両手で持って、剣道の竹刀を振りおろすように、ワンツーワンツーのリズムで上下に振ります。

ワンツーワンツー

この状態で、片手で振り続けると、多分手首を痛めてしまうと思います。
両手で、めげずに上下に振りましょう。この時には、もうシャカシャカと言う液体の音は聞こえなくなります。

さて、しばらく振っているとペットボトルに透明な部分が見え始め、分離が始まったかなーとみてわかるようになります。
t22.png

もう少し降り続けます。

お!なんか音がするように、、、そうです、分離が始まった内部から、ぺトンぺトンと、固形成分がボトルで上下を始めた振動が伝わるようになります。

t21.png

ほらね。何か境目が見えてきた。

さてさて、もう少し上下に振りましょう。

このまま振り続けると、ボトルの中に液体が登場するらしいです。
それはバターミルクと言って、パンケーキやお菓子の材料に混ぜて使ったり、飲み物に混ぜると栄養価が高く美味しくいただけるものだそうです。

もうちょっと!

お!!
中で液体が誕生し、ジャバジャバと音が聞こえてきました!不思議ーーぴかぴか(新しい)

バターミルクが誕生したようです。

さてさて、、、

それでは、中身を確認。
ボトルから、バターミルクを保存容器に移します。

トボトボ
t18.png

バターミルクです。
t06.png

今日はこれを低糖質ホットケーキニックスに入れて、パンケーキを焼きます!

では、いよいよボトルを展開!!
ハサミでジョキジョキ
t23.png

うわお、バニラアイスのような見た目!

次に出来上がったバターを洗います。
ボトルの下半分、バターが入った状態で、そのまま水を注いで、濁りが無くなるまで、じゃばじゃばと洗います。

はい、器にキッチンペーパーを敷いて、水切り。
t10.png

見た目が美味しそーーー

一口、味見をしたところ、コクがあってマイルドなお味でした。

さて、どれくらいできたのかなーーー
t19.png

200cc の生クリームから、100cc 程度のバターミルクと、はい、102g のバターができました。
無添加なので、早めに召し上がってください。
少し保存したい場合は、塩を加えて保存してください。

一週間程度で食べきるのが良さそうです。

そうそう、水洗いを丁寧にしないと、バターミルクがバターを早く酸化させてしまうそうです。

生クリームは 350 円くらいのものを使いました。
探して走り回るよりも良いかな???

お試しあれ!