山田花畑のおしゃべりブログ

糖質制限 (MEC) ダイエットやレシピ、お弁当、低糖質食品や知恵袋など、いろいろ公開しています♪

お肌が生きかえるスキンケアとは

みなさま、おはようございます!

 

引き続き、肌断食の話題です。

スキンケアについて、目からうろこの新事実です。

 

お肌の構造は真皮、表皮、角層という層によって構成されており、一番外側の角層は、油分と水分がミルフィーユ状に何層も交互に重なり合って、外界からの異物の侵入を防ぎ、潤いが逃げないように機能しています。

 

こんな感じ!

f:id:hanabatake3:20150202210855j:plain

お肌にダメージを受けるという意味は、このミルフィーユ構造が破壊されることにあります。

 

では、どのような状況において、ミルフィーユ構造が破壊されるかと言うと。。。

 

1. 洗う

2. こする

3. つける

 

えーー?!お手入れやめろってこと??

そうなんです。

 

今まで当然と思ってやっていたことが、実は繊細なお肌に甚大な悪影響を及ぼしていたようなんです。

 

まず 1. の「洗う」ですが、クレンジングに使用されるジェルやオイル、クリームには状態の粘度を出すために大量に界面活性剤が使用されており、この界面活性剤の洗浄力により、メイクだけでなく、その下のお肌の組織までベロンとめくれてしまいます。

 

お肌ヒリヒリ状態を毎日作り出しているというわけです。

 

2. の「こする」はどういうことかというと、私たちの肌は、ゆで卵の表面のように繊細だということです。

肉眼ではミクロの世界は見えないので、顔をこすってあらったり、クリームをすり込んだり、化粧水をパッティングしてもなんとも感じませんが、お肌を顕微鏡で見ると、念入りにスキンケアをしている人ほど、お肌がボロボロなんだそうです。

 

して良いのは、優しくそっと触れるだけ。

 

3. つけてトラブルにならないのは、ワセリンだけだそうです。

どんなに高価な化粧品も、天然成分が配合されていても、特にクリームやゲル状のものには界面活性剤が含まれているため、それだけで肌には甚大なダメージです。

化粧水に至っては、必ずつけた後、乾燥するのでその際に肌の水分を奪い、残存した粉末様の美容成分が肌にダメージを与え、水分を奪います。

 

界面活性剤とは、合成洗剤に多く含まれる洗浄成分です。

顔に合成洗剤をつける気になるでしょうか?

合成洗剤に長く手を触れていると肌荒れすることは、誰もが知っていることです。

毎日メイクして、化粧直しして、クレンジングして、基礎化粧品をつけることは、1日数回、顔に合成洗剤をつけるに等しいのです。

おそろしーーー

 

では、どうしたらよいかというと。。

 

まず、目指すもの

ノーメークでも美しい、少女のようなプルプルお肌

------------------------------------------------------------------------------

5 歳の頃、基礎化粧品でケアし、お化粧をしていた人はいますかー?

いませーん!

少女の肌はプルプルです。

これが目標

-------------------------------------------------------------------------------

1. 水で洗顔

水を手のひらですくって、顔にそっと押し当てるように 10 回程度洗う

 

2. 拭くときにこすらない。タオルをそっと顔に押し当てるようにして水分を取る

 

3. 乾燥が気になる場合のみワセリンをつける

(ワセリンは、肌を保護するために塗る。ワセリンに保湿作用があるわけではない)

 

4. パウダーファンデーションを薄付する

(本当はファンデーションはつけない方が肌には良い)

 

- まぶたにはファンデーションは塗らず、粉のアイシャドウをブラシでそっとつける

- 唇は、一種類に限定、口紅なら、口紅だけ軽くつける

- アイラインはまつ毛の毛穴が炎症を起こすのでつけない

 

ポイントメークも、クリーム状のものには界面活性剤が含まれているので、絶対に使わない。

ちなみに、まつ毛エクステ後のまぶたを顕微鏡で見ると、毛穴が腫れ上がっているそうなので、これも思い切ってやめる。

 

メイクをどうしても何かで洗い流したい場合は、純石鹸で洗う。

 

スポンジで泡立てた泡をフワフワと頬につけて、手のひらをそっとつけたり離したりする。肌に手がつかないよう、浮かせるようにフワフワと動作させることがポイント。

 

ちなみに、泡はネットで泡立てるのは良くないそうです。なぜかというと、ネットはビニールで出来ていることが多いため、手のひらで泡を立てる際、触れた肌が痛むからだそうです。

そんなに肌はデリケートなのかと思いますね?

 

私たち、普段目に見えるものをそのまま受け入れることが多いと思いますが、ミクロの世界では、大変なことが起きているのだそうです。

洗顔後、顔が出血したら焦りますよね。ダラダラにただれたら、オロオロしてしまうと思うのです。

でも、顕微鏡で見ると、洗顔、メイク、基礎化粧品でケアしている人の肌ほど、例外なく赤く炎症を起こしているそうです。

 

書籍には、iPhone に接続できるマイクロスコープが 1 万円程度で買えると書いてありました。

高い基礎化粧品を買うより、マイクロスコープで日々お肌の事実を確認しながら、ダメージのないケアをしたほうが良いということなのかと思いました。

 

なんでこんなことが書いてあるかというと、美顔神話を固く信じている女性は、なかなかなにもつけないことを受け入れられないのだそうです。

宇津木先生の奥様や看護師さんも、理解を持つまでには、事実を確認されつつ実践されたとありました。

 

女性の多くは思春期くらいから雑誌やネット、デパートの化粧品売り場などでお肌のケアを学び、自分の個性がいかに美しく表現できるかを追求し始めると思います。

化粧品をつけた時、つけて一晩たった時の肌の触感や見た目が、ケアの結果と評価するのは当たり前です。

 

まさか顕微鏡で見るまでは信じられないなんて誰も思いません。

ミクロの世界では、お肌はヒリヒリだったなんて、、、

 

お肌はゆで卵です。

繊細なんです。

だからこそ、その美しさを守るために高機能を持っているのだと思います。

 

人間の持てる力は本当にすごいです。

 

ちなみに、私は、、

 

夜はぬるま湯と純石鹸を泡立てて洗顔

 

なにもつけず

 

パウダーファンデーションとポイントメイクで通勤しています。

 

なにもつけないと、素肌で勝負できるようになるそうです。

 

私はオイリーだと思っていました。

オイリーなのは洗いすぎるから、、

だって、ニキビがたくさんできたから洗えって言われたのよーーー

それは間違っています

今更言わないでよーーー

じゃあ、一生オイリー肌でいたいですか?

いやーーー

じゃあ、観念して肌断食を素直に続けましょう

プルプル肌になりたいですね

 

なりたい!!!

 

肌の細胞は健全な状態であれば 3-4 日くらいのサイクルで入れ替わるそうで、いつからでも再生ができるのだそうです。

ダメージによって末期的な状態でなければ、数週間、長くても数ヶ月でお肌はプルプル蘇るのだそうです。

 

やっぱり、結果は早く、分かりやすい形で出て欲しいですね。

そういう意味では、変化を実感できると思うのです。

 

ちなみに私事で恐縮ですが、、、

驚いたことに、何もつけないほうが、ベトベトしません。

こんなの初めてです。

 

ソイドル