山田花畑のおしゃべりブログ

糖質制限 (MEC) ダイエットやレシピ、お弁当、低糖質食品や知恵袋など、いろいろ公開しています♪

不要な位置情報サービスは [オフ] にしましょう

みなさま、こんばんは。
 
今日は携帯電話の [位置情報サービス] について書きたいと思います。
 
ご存知のかたも多いかと思いますが、利用する機会の無い場合は見逃してしまう機能なので注意が必要です。
 
携帯電話の [位置情報サービス] は GPS (グローバル ポジショニング システム = 全地球測位網) を利用して携帯電話の現在地を取得する機能です。
iPhone では (ほかのメーカの機種については、、すみません、、わかりません) 購入時から有効になっている機能です。

f:id:hanabatake3:20150210201521j:plain

取得した位置情報は、様々なアプリから利用でき、大変便利な側面があるのと同時に危険性もはらんでおります。
 
注意が必要なアプリでは、カメラがあげられます。
撮影した場所の位置情報が写真に添付されますが、この機能、女性やお子さんは要注意です。
 
iPhone ではどんなことが確認できるかと言うと、、、
 
これは実際にあった話ですが、、
一緒に遊びに行った友人からもらった写真を iPhone で見ようとしたところ、写真を撮った場所の住所がカテゴライズされて表示されていました。
"港区 - 六本木 - 六本木 1 丁目" のようにです。
 
おや?と思ってその見出しになった町名をクリックすると、、、地図が開いて、撮影した場所に写真が貼りついています。おおお!
 
女性などは、家で開催した女子会集合写真を共有して、自宅の所在地が不特定の人にわかってしまいストーカー被害に遭った、小さいお子さんの写真の位置情報で、知能犯に子供が待ち伏せされたとか。。。
犯罪に発展しかねない要素があります。
 
またこんな記事を読んだことがありますが、ママ友主催のパーティの開催場所が写真の位置情報より漏れ伝わり、人間関係がこじれたとか、自分の子供が映っている写真を無断で SNS に公開され、子供の位置情報がネットに流出し怖い思いをしたなど。。
 
写真の位置情報はオフにした方が賢明と思われます。
 
機能を十分に理解したうえで、特定の機能だけ利用する方法もあります。
たとえば、メインとなる位置情報サービスは [オン] にして、利用するアプリだけ限定すると言う方法もあります。
 
私は時々迷子になるため、[マップ] だけ [このApp使用中のみ許可] と設定し、他のアプリはすべて [許可しない] にしています。
 
また、先ほど友人が「iPhone を探す」はどうなるの?と言っておりましたが、位置情報サービスを「オン」にして、使用しない アプリの設定を「許可しない」にし、[システムサービス] - [iPhone を探す] を設定してください。
なお、[iPhone を探す] の大もとの設定は [設定] - [iCloud] - [iPhone を探す] を [オン] にすることで有効になります。
 
乗換検索などは、位置情報を [オン] にしておくと、今いる場所から一番近い路線の情報を検索できたり、鉄道の運行状況を確認できたりして便利な場合もあります。
 
位置情報を取得ということは、携帯電話が今どこにあるかがわかる機能と言うことなり、利用するアプリによっては自分の居場所が意図せぬ相手に伝わる可能性もあります。
 
利用目的が明確になっているもののみを使い分けるか、よくわからない場合は、設定はオフ にされた方が良いでしょう。
 
以上、そんな設定があったんだーと思われたかたは、設定をご確認ください。

ソイドル