山田花畑のおしゃべりブログ

糖質制限 (MEC) ダイエットやレシピ、お弁当、低糖質食品や知恵袋など、いろいろ公開しています♪

長財布と成功している社長さんとの関係

数か月前に、長財布と、成功している社長さんの相関関係について書かれている本を読んでみました。
 

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?

新品価格
¥1,300から
(2015/2/17 20:02時点)

なんだか意味深なタイトルと思いませんか??

 
何で興味がわいたかと言えば、その関連性を化学的に証明はできないでしょう?と言う素朴な疑問を覆す理論の展開が期待できたからです。
 
残念なことに、祖母、母、私と、母、娘三代が見事に貧乏でして、これには何か一貫した問題が存在しているのかもしれないと思っておりました。
何か人生の姿勢として改めることがあるのだったら、ぜひ改めたい。
自分の持ち合わせていない思考は、積極的に取り入れたいと好奇心は膨らみました。
 
これは、いつでもどこでも読めるよう Kindle 版で購入し、さっそくページをめくりました。
 
そうそう!Kindle と言えば、 先日PC にアプリが導入できるようになりましたね。
--------------
Windows PC 用 1/21、 Mac PC 用2/13より提供開始
Kindle for PC
--------------
話を元に戻して、、、
まず、最初に目を奪われたのは、
「成功している多くの社長さんは、高価な長財布を使っている」
でした。
 f:id:hanabatake3:20150217200742j:plain
 
では、ちょっと背伸びをして高価な長財布を使うと、社長になれるのか??
と短絡的に思考が回転しそうですが、、、(私、直ちにそう思いました、、苦笑)
この根拠となる考え方が、とても分かりやすいものでした。
 
必ずしも 「すべての人に該当しているとは言い切れない」 が、、そのような断りがありましたが、お金がめぐってくる人の多くは、お金を大事にしていると言うのです。
 
どんな風に大事にしているかと言うと、なるほどと思うことでしたが、私には考えてもみなかったことでした。
 
まず、二つ折り財布に入れたら、お金が折れ曲がって可哀想と言うのです。
これは、紙幣はただの紙切れと思っていたら、浮かばない発想ですね。
私には 「可哀想」 なんて、浮かんだこともありませんでした。(苦笑)
 
そして、お金を支払うときには
「いってらっしゃい」
と言って送り出し、、、
 
おつりで受け取るときには
「お帰り」
と温かく迎え、お札ならば、頭を下に揃えて丁寧にしまうのだそうです。
 
なぜなら、お金のおかげで自分の毎日が様々に潤うから、日常的に敬意をはらい、感謝の気持ちを持って接しているのだそうです。
 
そう考えると、、
私はお金に感謝していないなーーと、深ーく、深ーく反省しました。
粗雑に扱えば、お金だって持ち主に嫌気がさして、大切にしてくれる人のところに飛んで行ってしまいたくなりますよね。
もし、自分がお金だったら、、きっとそう思うだろうと思います。
 
実際、お金に人格はありませんが、物を大事にすると言うことすべてに共通する考え方だと、断捨離をした時のことを思い出しながら妙に納得しました。
 

祖母の財布についての記憶は思い出せませんが、母は、この書籍の観点から、財布もお金も大事にしている様子はありませんでしたので、母、娘三代に継ぐ貧乏は、お金を大事に扱わないと言う根本的な問題をクリアすると、多少改善されるのかな??と思いました。

 
いえ、物を大事にすると言う考え方は、日々を堅実に生きる基本となることですから、身についていた方が良いと思いましたので、本を読んだ後は、いろいろ改めました。
 
長財布は以前から好きで使っておりましたが、ついレシートをためてしまったり、カードでパンパンになることが多くありました。
なので、レシートは何があっても絶対に財布に入れないことを決めて実行しております。(エコバックに投入してます)
そしてカードは、不要なカードはもらわず、定期的にお財布の中身を点検するようにしたら、パンパンになることはなくなりました。
 
いつもお財布がきれいなだけで、会計する時の気持ちがスッキリします。
お札の向きをそろえて入れることも努力しております。
そして、ありがとう!と、気持ちを注ぐ努力も。。。
 
心がけはとても大事だと思いました。
 
まだ、その効果はあらわれておりませんが、長い年月粗末にしてきたので、お詫びも含めて丁寧に扱いたいと思います。
 
効果があらわれたら、、ぜひ、ご報告したいと思います。
書籍の紹介と言うよりは、書籍を読んで影響を受けて自分がどう変わったかをレポートしてみました。
 
書籍は、そんなに高価なものでは無いので、気分転換にご覧になってはいかがでしょう?

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?

新品価格
¥1,300から
(2015/2/17 20:02時点)

くだらないと思うか、なるほどと思うか、どんな発想を持つことが良い影響を及ぼすか試してみると面白いと思います。