山田花畑のおしゃべりブログ

糖質制限 (MEC) ダイエットやレシピ、お弁当、低糖質食品や知恵袋など、いろいろ公開しています♪

免許取り立てで、おまわりさんに切符切られたこと

みなさま、こんばんは。
今日は、3 年前に免許を取得してから、自宅周辺で運転できなくなった話を書いてみます。
 
長期休暇を終え、社会復帰前に、一ヶ月ほどの時間を使って何をしようと思った時に、どういうわけか、自動車免許を取ろうと思いました。
 
同級生は高校を卒業するタイミングで免許を取った子が多かったのですが、私は車に興味がなかったので、そんなお金は他に使いましょうと思っていました。
 
23 区内に住んでいたので、車が無くて困ることはほとんどなく、必要であれば、誰かにアッシーになってもらっていました。
しかし、二度の引っ越しを経て、車を持っている友人が手伝いに来てくれる姿を見ると、やっぱりあった方が良いよなと思うようになりました。
 

f:id:hanabatake3:20150218200207j:plain

そこで、車好きの友達に
「私も車の免許くらい持っていた方が良いよねー」と言ってみたところ、真剣に怒られました。
 
「お前が免許なんか取って言いワケねーだろー!」
一人ではなく、二人の友人に同じように怒られました。
 
運転には人の命がかかっているのだから、私なんかが免許を取ると、社会の迷惑になると言うのです。
それ以来、免許を取りたいと思うことはなかったのですが、3年前は魔がさしたのでしょうか?
 
タイミングは12月。
インターネットで調べたら、いくら乗っても追加料金無料。
女性専用の宿泊施設が完備された合宿があるらしい。。
 
教習費用は年齢+α と聞いていましたが、私などは 100 万円くらいかかるかも?と思っていただけに、格安の合宿はとても魅力的でした。
交通費、宿泊費、食費、日帰り温泉旅行費用、コースランチ、スポーツ施設利用料等々が全部コミコミで 22 万円でおつりが来る。
ドキドキしながら申込みました。
 
新幹線で降り立った場所は、閑散とした田舎町でした。
宿舎は小奇麗なビジネスホテル風。
教習所は、昭和初期の映画に出てくるような学校のイメージ。
 
ご飯は思っていたより美味しい!
 
友達もできて嬉しい!
運転はそれなりに難しい!
 
でも、私は適性検査で 5 段階の 5 !優秀!← めったにいないらしいですよ。
情報処理の問題は満点でした!
(職業柄、当たり前だろ!)
しかし、日々脳内処理のどこかでエラーが発生した様子で、、人より 5 日多く乗りました。
 
でも、合宿開始から 3 週間足らずで、落ちることなく免許を取得できましたよーん。
 
そして、友人に隣に乗ってもらい、近所のカーシェアリングを利用して、運転の練習をしておりました。
ゆっくり、慎重に。ね。
 
ある日のこと。
自宅の近くにある、大きな公園の周りを、ゆーっくり運転していたら、停止した交差点の反対車線の先頭に、パトカーが。
お巡りさんが、ずっとこちらをにらんでいます。
(今から思うとこんな会話してたんじゃない? 「おい!カモだ!カモ!一気にぶち落とすぞ!!」)
 
自意識過剰の私は、怖くて心臓がどきどき高鳴りまして、へまをやらかしたらあかんでしょーと、交差点をしっかり目視。
おっちゃんも、おばちゃんも、子供もおらんよね?
時速 10 キロくらいのスピードで完璧に曲がれた!と思ったら、、、
「そこの運転手さん、とーまーりーなすあい」
 
どうやら私のことらしく、、
お巡りさんが、矢継ぎ早にあることないこと言ってきました。
 
どうやら、私は自転車の進路妨害をしたらしい。
自転車なんてずーっと後ろにいたけれど、横断歩道には誰もいなかったよ??
 
でもお巡りさんがいたと言うなら、いたことになってしまう世の中らしい。
駅前の交番までパトカーに先導され、交番で頭ごなしにどやされました。
交通ルールを守らにゃあかんやろと。
それ、あんたのルールとちゃいまっか?
 
この時、隣に乗っていた友人は、確かに自転車は見たけれど、まだずっと後ろにいたから大丈夫だと思ったよと。
 
だけど、お巡りさんは、とても高圧的に怒鳴っていて、、これって戦略だったんだと後で気づきました。
 
練習したきゃもっと安全な幹線道路でやるか、教習所でやれと。
こちらが委縮するのを計算しているようでした。
 
初めてのことでしたし、実際の道路でのことはよくわからなかったので、切られるがまま切符を切られ、罰金を払いました。
でも、誰にこの話をしても、お巡りさんにはめられたと言われます。
ちょうど年度末でしたから。
 
そんな裏の話なんて教習所では教わってませんから、従順な市民を演じちゃいましたよーー
それ以来、怖くて近所で車の運転はしていません。
運転は、一年に一度の沖縄旅行の時だけです。
 
いつか役に立つときが来ると良いなぁ、、と思うのでありました。