山田花畑のおしゃべりブログ

糖質制限 (MEC) ダイエットやレシピ、お弁当、低糖質食品や知恵袋など、いろいろ公開しています♪

パソコンでパスワードを設定する時のヒント

みなさま、こんばんは。
 
今日は、パソコンやインターネット利用時に設定するパスワードのヒントについて書きたいと思います。
たとえば、パソコンを利用する際、パスワードを設定する場面に多々遭遇することと思います。

同じパソコンに何で何度もパスワードを設定しなくてはいけないのでしょう????
 
そうですね、、、以前よく現場でお客様から質問を受けました。
 
では結論から申し上げます。
なぜなら、お使いのパソコンは全世界に通じているからです。

f:id:hanabatake3:20150303211946j:plain

ご自宅から、遠いアフリカやヨーロッパにも通じています。
インターネットの世界には国境はありませんので、無防備では大変危険なのです。
 
お使いいただいているパソコンは、世界への入り口となります。
そうですね、羽田空港みたいなイメージでしょうか。
 
もちろん、国内旅行もできますし、海外旅行もできます。
 
しかし、飛行機に乗るには、空の旅が危険ではないよう、いろいろなルールがありますね。
ご自身の身分が明らかであることが大前提ですし、海外であるなら、入国審査が必要ですし、持ち物の検査もあります。
 
安全と判断された人だけ、飛行機に搭乗できます。
 
インターネットの世界では、このような入国審査や持ち物検査の代わりに、システムをお使いになる方が間違いなく本人であることを示す、ユーザーID (使用者の名前に該当) 、パスワード (鍵) が対になった認証情報を利用し、利用者を特定し、システムの利用を許可します。
 
私がよく利用するサービスに、アマゾンや楽天のインターネットショップ、三井住友銀行のインターネットバンキングなどがあります。
 
たとえば、アマゾンでレシピを購入したい時は、アマゾンのシステムに、アマゾンのシステムを利用するために決められたユーザー ID とパスワードを入力し、レシピを購入します。
 
次に楽天で靴下を買いたい時は、楽天のサービスを利用するためのユーザー ID とパスワードを入力し、靴下を購入します。
 
三井住友銀行のインターネットバンキングで代金の振込をしたい場合は、三井住友銀行のインターネットサービスを利用するためのユーザー ID とパスワードを入力してシステムを利用し、振り込みを行います。
 
これらのサービスを提供している企業にしてみれば、顧客を特定できずに商品の販売やサービス提供はリスクが高いので行うわけにいきません。
 
したがって、必ずシステムを利用する人が誰なのか、間違いなく支払いをしてもらえるかを確認します。
 
ここで悪意ある誰かがあなたに成りすまして、システムを利用したとします。
あなたのユーザー ID やパスワードを、そばに置いてあるメモなどから読み取られてしまいました。
起こりうる犯罪として、、、
覚えのない高価な買い物をされ、預金の引き出しが行われてしまいました。
 
したがって、これらの犯罪を防ぐためにも、パスワードの設定は、利用するシステムの数だけ設定し、管理する必要があります。
 
では、数あるパスワードを設定するのが面倒だし、忘れてしまいそうになるとお困りの方にヒントを差し上げたいと思います。
 
まず、ご自身の誕生日や、電話番号は設定してはいけません。
これはあなたの身分証明書などが盗難に遭った場合、パスワードが泥棒にすぐにバレてしまう危険があるのでやめましょう。
 
誰かの誕生日を設定したい場合は、おばあちゃん、おじいちゃん、親戚のお姉さんくらい距離の離れた人の誕生日なら良いかもしれません。
 
では、実際によく設定されている悪い例をご紹介します。
 
0000
1111
1234
aaaa
bbbb
abcd
123456
abcdef
aiueo
 
同じ数字、同じアルファベット、連続する数字、連続する文字列などを設定するかたが非常に多いそうです。
 
私がうかがった話では、「0000」 と設定していた人が、ATM で預金の引き出しを行う際、隣にいた同僚も 「0000」 と設定していて笑ったと、、、
 
この話を笑いながら話してくれたので、「笑い事じゃなーい!」と怒りました。
なぜかと言うと、この人はほんの 2-3 分の間に三つの過ちを犯していたからです。
 
1. 「0000」 と推測されやすいパスワードを、立場ある人(この人システムにかかわる仕事をしていました) が設定するなど非常識極まりないこと。
2.  隣の人の預金引き出しを盗み見したこと。
3.  盗み見したパスワードを「自分と同じ」と公開したこと。
 
すべてが情報セキュリティの観点から、間違いであることをきつく忠告しました。
 
心当たりのかたは、直ちに改めてください。
なぜなら、ご自身が大きなリスクを抱えているからです。
パスワードを他人に知らせる行為は、お金をいくら盗まれても良いと言うことに通じるのです。
 
では、パスワードの設定方法についてです。
 
数字 4 桁の場合はランダムな数字を設定します。
0 から 9 までの数字を上手に組み合わせましょう。
 
覚えやすく、ごろ合わせを楽しんでも良いでしょう。
 
4154 (良い子よ)
5963 (ご苦労さん)
0513 (ペットの誕生日)
 
長いパスワードの例
8148san (歯医者さん)
man5tabeta17 (マンゴー食べたいな)
873kawa11 (花さん可愛い)
tonka2uma1 (トンカツうまい)
 
好きな言葉や食べ物の途中の文字を数字に置き換えると、ちょうど良い具合に暗号らしい文字列ができあがりませんか?
頭の体操だと思って、いろいろ作ってみてください。
 
しかし、パスワードは忘れてしまうと、サービスを受けられない場合がありますから、忘れない工夫をしてください。
 
でも、間違ってもパソコンの近くに、付箋やメモに書いて貼ってはいけません
誰かに盗み取られてしまうこともありますから。
できればご家族にもわからない場所に、メモで保管するなど工夫して管理してください。