山田花畑のおしゃべりブログ

糖質制限 (MEC) ダイエットやレシピ、お弁当、低糖質食品や知恵袋など、いろいろ公開しています♪

沖縄旅行 糖質制限な食事とともに

みなさま、こんばんは。

 

時がたつのは早いものです。

待望の沖縄旅行から戻って、ぼちぼち一週間が過ぎてしまいました。

 

この旅行のために5日もお休みを確保したというのに。。。

時間はどうして一番楽しいところで止まってくれないのでしょう??

だから、一刻一刻を大事に生きなくてはと、、痛感するのでした。

 

さてさて、糖質制限を死守しつつの旅行は、どこで何を食べるかが一番ネックになりますね。

今回の旅行でも、普段と同じように、炭水化物を妥協して食べたくなかったため、ローソンでブランパンと、「6 p チーズも忘れないでね」との友人のアドバイスにより、チーズと、スティックタイプのラカントとくるみを持参いたしました。

 

初日は乗り継ぎと移動が多かったので、食料を持参して大正解でした。

飛行機や、バスの中で小腹を満たし、夕方、宮古島に着くまでなんとかしのぐことができました。

 

なので、ホテルに荷物を置いたら、繁華街の老舗、毎年足を運ぶレトロなレストラン「のむら」に向かいました。

肉、肉、肉、肉が食べたいーーー

しかし、今更後悔です。

ホッとしたために、メニューの写真を撮るのを忘れてしまいました。とほほ。

 

ではでは、何を注文したかというと。

ステーキ!(多分輸入牛、、)ご飯、スープ付きで 1300 円

f:id:hanabatake3:20151011203413j:plain

せっかくですから、妥協せず、付け合せはいただきませんでした。

f:id:hanabatake3:20151011203522j:plain

そして、もずくのてんぷらと、、

f:id:hanabatake3:20151011203542j:plain

豆腐のチャンプル!

宮古島では、観光客向けのレストランや、食事より、家庭料理的な食べ物の方が圧倒的に美味しいです。

だから、てんぷらや、チャンプルは激ウマでした。

ステーキは、、普通でした。

 

結構な量があったので、お腹いっぱいになり、翌日のアクティビティに備え、お風呂から出ると22時には就寝しました。

 

さて。

5時ーーー!

旅先でもお寝坊はいたしませんよーー

のんびりお茶を入れ、朝食の時間まで、フロントのパソコンで、、、

モニタのドライバが正しく当たっておらず、必要なアップデートもされておらず。。

休暇なのに、気になって。。。

 

だって、このまま放置したらウィルスに感染しますよー

てなわけで、こっそりメンテナンスをいたしました。

 

朝食は、糖質制限の最強の味方。ビュッフェでっす。

一食 650 円

ありがちな、おかずを、、。

f:id:hanabatake3:20151011205042j:plain

乗せて、、乗せて、、トレーからはみ出して。。

f:id:hanabatake3:20151011205117j:plain

ちょっとー、朝から食べ過ぎじゃないのー?

はい。

おっしゃるとおり。

普段は卵とナッツとコーヒーだけだから、食べ過ぎかもね??

 

いやー、空気が美味しいから食べ物も美味しいですなーー。

ホント。

9時にはレンタカー屋さんのお迎えが到着するので、それまで少し近所を散歩しました。

f:id:hanabatake3:20151011205623j:plain

星の王子様に出てきそうな、大きな木!

f:id:hanabatake3:20151011205825j:plain

海は、、雲が少々多めだったです。

この日は、シュノーケルでポチャポチャと、お魚とたわむれて遊びました。

ニモもいましたよー

残念なことに、食事の写真は撮り忘れてしまいました。

早めの夕食を、ホテルの近くの海鮮居酒屋でいただき、カツオのお刺身と、麩チャンプルが美味しかったです。

 

三日目の朝食は、フラダンスの集合が  6:30 と早かったためコーヒーとチーズですませました。

お昼はですね、、前日繁華街で見つけた、超レトロなお店「レオン」に行ってみました。

ここは、昭和の「きっちゃ店」そのまま。

f:id:hanabatake3:20151011211350j:plain

口コミでは、地元出身の人が里帰りすると、立ち寄るお店とありました。

観光客は、飲んだあとに「宮古島のシメはステーキ!」と言って立ち寄るお店だそうで。

 

食べてみたいです。ステーキ!

というわけで、注文いたしましたよー。ステーキ。

 

そうそう、このお店のレトロ度なんですが、、、↓

f:id:hanabatake3:20151011211626j:plain

テーブルは、、昭和のゲーム機。

むかーし昔のきっちゃ店には、ゲーム機がありました。

 

ではでは、ゲーム機の上に、ジュージュービチビチと音を立てたステーキが、、

f:id:hanabatake3:20151011211751j:plain

でかいよ!でかい!

ご飯がいらなかったことをはじめに言うのを忘れて、、申し訳ないことをしました。

コーンは少しだけいただき、肉をしっかりいただきました。

スープ、ミニサラダ、ご飯付きで 1200 円

このお店の口コミにはたくさんの人が書き込んでおりましたが、みんな口を揃えて「ステーキが美味しい!」と。

 

焼き加減はミディアムでした。

あ!カットしたところを撮ればよかったですね。

もー、食べるのが忙しくて、、、またしてもお詫び申し上げます。

お味は、、また食べたい!ぜひ帰る前にまた来たい!です。

 

で、このあと、私の大好きなスーパー「サンエー」にお散歩がてら、足を伸ばしました。

ここでは、夕食の野菜と、海ぶどうと、あとは豆乳とお土産を買いました。

海ぶどうは、お土産屋で買うより全然お安いんですよ。

それにね、お土産屋や空港で売っているお土産が、少しお安く買えるんです。

 

沖縄旅行のお土産は、スーパーで用意すると、とても楽しい買い物ができますよー。

見た目は普通のスーパーですが、所々に輸入食品や、地元産の生鮮食品や加工品が顔を覗かせています。

見つけるのが、とても楽しい。

 

さて、「サンエー」でビタミン類を入手したので、ホテルから歩いて5分のとろこにある、公設市場に行ってみましょう。

こじんまりとした建物に、農産物や加工品の販売が行われています。

今回は、お刺身が食べたくて立ち寄りました。

イキのいい身のしまった、見るからに美味しそうな、カツオ、マグロ、白身魚、タコ、イカが並んでおります。

 

宮古島を訪れると心がけていることがあります。

「できるだけたくさんの地元の人と会話をする」です。

地元のかたたちと話をすると、その素朴さにホッとし、無機的な日常から人間らしさを取り戻すような気持ちになります。

 

私は毎年、ここに深呼吸しにやって来ている気がします。

 

ではでは、魚屋さんのお兄さんとお話してみましょう。

 

今日は何が美味しいですか?

 

全部美味しいよ。

でもねー、「マチ」が美味いよ「アカマチ」

これは、今日はウチしか入っていないはずだからね。

宮古島のどこへいっても買えないはずだよ。

 

ええええー

マグロも食べたいし、マチも食べたい。

どっちも食べたいなぁ、、

 

と、店の隅にのんびり腰掛けていたおばあが

やってやんなよ

 

そりゃーもちろんさー

でも、おやじさんに見つかるとうるせーからな。

さっさとやって帰るさー

 

と、お兄さんは、お刺身のトレーに、マグロとアカマチを半分ずつのせてくれました。

 

お兄さん、ありがとう!

あ、ワサビも付いているのね?

じゃあ、お醤油だけ買えば良いわね?

 

んー?醤油?

世界のキッコーマンで良きゃー、つけてあげるさー

 

プリップリのお刺身に、たっぷりのお醤油をつけてもらい、ウッキウキでホテルに戻りました。

 

ごめんなさい。

ふた口食べてしまいました。

f:id:hanabatake3:20151011214234j:plain

ラップはずせば良いのにね。

慌てて元に戻した図です。w

一舟 550 円、安!

 

さてさて、トレーごと椅子に乗せて、この日の夕食ですが、、買いすぎました。

あ、すでにお刺身が、、残りわずかですね。

ここまで必死で食べていたのがバレてしまう。。。

f:id:hanabatake3:20151011214848j:plain

とんかつ、海鮮サラダ、もずくスープ、千切り青パパイヤ、、、

お腹ははち切れました。。

 

しかし、早い時間からよく眠れるんですねー

フラダンス楽しかったですもんねー。

 

そして、、翌朝も早朝から懲りずにしっかり食べるわたくし、、、

f:id:hanabatake3:20151011215951j:plain

どうです?初日より美しく盛り付けられたでしょう??

ここの朝食は、スクランブルエッグがとても美味しかったです。

ウィンナーとミートボールは、やや繋ぎが多そうな。。仕方ないですね。

ビュッフェですから。

 

私ね、朝ビュッフェを食べるチャンスのある時は、千切りキャベツをお代わりします。

昔っから。

自分ではできない細さに、絶大な価値を見出していると思われます。はい。

 

そして、宮古島に来るといつもとてもお世話になる友人とお茶をしたあと、、再び「レオン」を訪れステーキランチをいただきました。

 

この「レオン」のすごいところは、24時間営業で、深夜帯はお酒を出さないところです。

 

いつ来ても、標準以上のお味が保証されており、地元でもガッツリ食事をしたい男性が多く訪れるお店のようです。

そして、できたお料理を運んでくれるのは、カウンターに座っている常連さんです。

 

宮古島を訪れる機会があったら、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

さてと。

この日の夕食は、、またしても「サンエー」の力を借りてしまいました。

だって、美味しいんだもん。

f:id:hanabatake3:20151011220948j:plain

魚の唐揚げは、朝立ち寄った港の市場で買ったものです。

が、、ごめんなさい。

買ってすぐに食べればきっと美味しかったでしょうに、硬くて美味しくいただけませんでした。

 

地元で採れる、グルクンという白身のお刺身が絶品でした。

一舟 550 円

友人の庭で採れたシークァーサーをかけ、沖縄のお塩でいただいたところ、、美味しかったですねーー。

はい、千切りキャベツもたっぷりいただきました。

 

とにかく、スーパーや市場で売っているお刺身は、美味しいですねー

農産物も美味しいです。

宮古島は、サンゴ礁が隆起してできた島なので、農薬を使っていないんです。

農薬を使うと、サンゴの大地から全部海に流れ込んで、海の珊瑚が死んでしまうからなんです。

 

そして、たくさんの太陽を浴びて育つので、味が濃いんです。

 

来年は、市場の写真も撮りたいと思います。

 

ではでは、最終日の朝食です。

最終日は、以前何度か宿泊した「ホテルサザンコースト」のビュッフェに足を伸ばしてみました。

f:id:hanabatake3:20151011222124j:plain

ここは、必ず地元で採れる食材を使ったチャンプルが日替わりで楽しめます。

これで一食 800 円です。

f:id:hanabatake3:20151011222011j:plain

なんか、日に日に食べる量が増えている気が、、、。

ここは、リゾートホテルではありませんが、ビジネスマンや、女性の一人旅など、安心して宿泊できるホテルです。

設備も整っております。

 

ちなみに私が今年宿泊したホテルは「ホテル共和」です。

港と街には徒歩五分、コンビニも歩いて行ける距離にあるのでとても便利です。

広い駐車場も完備されており、多少車庫入れがうまくできなくても、きれいに止め直してくれました。

ホテルのスタッフもとても親切で、気持ち良く宿泊できました。

 

11 時にチェックアウトし、市場でお土産を買い空港へ。

お昼を食べようと思ったのですが、お腹があまり空いておりません。

(そりゃーね、連日食べ過ぎだものね、、)

でも、、、

ここで食べておかないと、、

東京に着くまで、きっとゆっくり食事できないと思います。

なので、、

毎年、最後の食事をする空港のレストラン「のむら」で、

アイスコーヒーとゴーヤチャンプルをいただきました。

ここもレトロな雰囲気漂う、きっちゃ店です。

f:id:hanabatake3:20151011223620j:plain

でも、、、またしてもごめんなさい。

半分以上食べてから、写真を撮るのを思い出しました。

f:id:hanabatake3:20151011223207j:plain

これは!チャンプルの王道とも言える美味しさでしたよー。

一皿 600 円

 

不思議でしたねー、宮古島では必死に食事をしていた気がします。

写真を撮るのを忘れる美味しさと言って間違いないです。

自分で言うのもなんですが、子供のように無邪気に食べていた気がします。

 

チャンプルと刺身と肉が美味しい!

 

リゾートホテルより、普通のきっちゃ店かスーパーか市場が美味しい!

これは訪問6回目にして出た結論です。

 

飾らない、普通の食事が美味しい!

だって食材が美味しいんですもの。

 

そして、島丸ごとの優しさに触れ、、トゲトゲした気持ちをメンテナンスして、また一年しっかり仕事をしたいと思います。

 

そうそう、改めて記事に書きたいと思いますが、今年初めてスターフルーツを食べました。

市場でお試しで買ったのが美味しくて、、三日目に別の市場で、、少々不揃いでしたがたくさん仕入れました。

f:id:hanabatake3:20151011224924j:plain

定価は、、、全部で 100 円で良いと言われましたが、、

200 円置いてきました。

 

個体差はあると思いますが、アタリだと、梨のように水々しく、ほんのり甘くいただけます。

地元の友人は、好みではないと言っていましたが、私はとても美味しいと思いました。

 

すべての予定を無事に終え、那覇空港から飛行機に乗る時には、美しい夕日が「今年の夏はこれでおしまいだよーーまた来年ねーー」と言っているように見えました。

f:id:hanabatake3:20151011225515j:plain

いのちの洗濯ができたと思います。