山田花畑のおしゃべりブログ

糖質制限 (MEC) ダイエットやレシピ、お弁当、低糖質食品や知恵袋など、いろいろ公開しています♪

糖質制限と低血圧

みなさまー、おはようございますー\(^-^)/

 

三連休はとても嬉しいですー。

今月は、後半にシステムの夜間メンテナンスで、週末出勤になるので、貴重なお休みです。

蓄積疲労を癒すために、昨日は温泉に行き、今日はストレス解消??のため、歌を歌いに行きます♪

明日は、、多分お弁当を作ると思いますが、糖質制限弁当の更新は、今週はお休みにします。

 

そこで!いつか書きたかった話題を、今日は記事にしようと思いました。

f:id:hanabatake3:20161009063658j:plain

タイトルは「糖質制限と低血圧」です。

 

糖質制限が、糖尿病を始め、多くの生活習慣病を改善すると言われ始め、その認知度は日々高くなってまいりました。

 

高血圧が改善された話も、日常伺う機会がありますし、情報としても目にする機会が増えました。

しかし、低血圧については、あまり情報がないように思えるので、書いてみたいと思います。

低血圧というと、女性や、若い世代の方々によく聞かれる話ではと思います。

「低血圧だから、朝が苦手」

 

かつて、私も言い訳にしておりました。

確かに、疲労はとれにくいし、朝が辛いし、起きても目の前は、薄い霧がかかっているような日が多かったと記憶しております。

 

ちなみに血圧の値はどれくらいだったかと言いますと、、、

ーーーーーー

上:92 〜93 mmHg

下:59 mmHg

ーーーーーー

ほんまかいな〜?

ほんまです。

 

健康診断で測定していただいた際、看護師さんより

「大丈夫です?ちゃんと生きてますか?」

、、と言われたことがありました。

ちゃんとしているか、していないかちゃんと検査してくんろ、、」と思ったものです。

原因は不明です。

子供の頃からそうでした。

「あんたは身体が弱いから」

が、口癖だった親に言わせると、昔っからだと。

 

で、エンジニアの仕事をするようになり、時間が不規則だったり、作業を始めると何時間も作業しっぱなしだったりということが重なり、健康に留意するようになりました。

 

まず、

[食事]

玄米菜食が中心で、野菜をたっぷり食べるようになりました。

(便秘には縁遠い生活でしたが、健康的ではなかったかな)

[運動]

通勤圏のスポーツジムにかよい、時間のあるときは、エアロビクス、ヨガ、水泳、日々の筋トレなどを結構ストイックにやっておりました。

極力階段を使うことも、心がけていました。

[読書]

以前から好きでしたが、忙しいことを理由に読まなくなるので、、適度な脳の刺激を考えて、通勤時間にいろいろな本を読んで、思考の代謝?を促進??する努力をしていました。

 

が、低血圧が改善されたことはありませんでした。

そして、一時期、自分としては超肥満な時期を迎えることとなったのも、上記実践中でした。

 

体重 MAX 時の BMI は 26.5 

ほぼ 5 割増に成長〜

コレステロール値も、跳ね上がり、時々、こめかみがドキドキすることがありました。

 

で、詳細は割愛しますが、いろいろなダイエットをやっても痩せずに、糖質制限を始めたところ、日々体重が 400g ずつ減り続け、現在 46Kg をずーっとキープしております。

 

さて、血圧です。

MAX 太っている時でも、血圧は上が確か 120 くらいで、朝がどんよりしていたのは変わりませんでした。

 

で、しばらくは体重のことしか頭になく、今年にはいり、職場の休憩室になぜか血圧計が置いてあるのに気付きまして、測定してみたところ、、

 

ーーーーーーーー

上:138 mmHg

下:92 mmHg

ーーーーーーーー

んー?

まさかね。

もう一度測定。

どうやら機械は壊れていないようです。

 

標準の上限ぎりぎりくらいですが、、、

現在は、何の問題もありません。

上が 92 〜 93 mmHg だった人の下の血圧が 92 mmHg って、、、

 

身体が別物になったんじゃないのー??と思いました。

今は、毎日朝 4:50 起床です。

具合が悪い時と、旅行以外は、休日もこの時間に起きます。

冬でも目覚めます。

 

布団から出たくないと思うことは、ないですね。

年のせいじゃないかって??

それには少し早いんじゃないかなぁ〜???

 

仕事がきついのは変わりませんが、以前は休日の半分寝ていたのが、あまり寝なくて済むようになりました。

 

現在心がけていること

[食事]

動物性たんぱく質中心

主食 (米、小麦等の炭水化物) は食べない

野菜は少量

[運動]

朝 30 分のヨガと筋トレ

階段利用

残業が少ない時だけ一駅徒歩

[読書]

継続中

 

疲労は、糖質摂取量と関係あると思うようになりました。

糖質を摂らなくなると、食後の倦怠感がなくなります。

糖質への禁断症状もなくなったので、常に食べたいと思わなくなりましたから、胃腸胃への負担も軽いです。

 

そして、糖質を摂取することで、生成されていた老化物質が生成されなくなるし、おやつのナッツで、老化物質が排出されるので、老化による負担も軽減されていると思います。

そりゃ、多少小じわはありますけどね、、ウエストのくびれはしっかりあるんですよ〜〜(o^^o)

 

話が散らかってしまったので、ここいらでまとめてみましょう。

 

結論としては、動物性たんぱく質の摂取量が変わったことにより、身体を構成する組織の代謝が向上した。

 

これにつきると思います。

 

そして、これは自分の勝手な主観ですが、人類の糖質摂取は食糧難が影響していて、健康よりお腹がいっぱいになることに主眼を置いて来たため、糖質を食事として摂るのが当たり前になってしまったのではと思います。

他の動物は、自分の身体を構成するのに、より効果的な食べ物を、食べ続けて来ていると思います。

 

人類の方向も、もう少し生きることにシンプルにシフトしたら、生活習慣病などから解放されるのではないかと思います。

 

まとまったかしら??

んなわけで、気がつけば低血圧も改善されたお話でした〜。

それでは、また来週〜