山田花畑のおしゃべりブログ

糖質制限 (MEC) ダイエットやレシピ、お弁当、低糖質食品や知恵袋など、いろいろ公開しています♪

リーボック イージートーン のブーツの靴底修繕

みなさま、今年も残すところ、あとわずかとなりました。

 

もうご馳走を召し上がっていらっしゃいますか??

私は、煮物と、手羽焼きと、低糖質なおビールで食事を済ませました。

サーバー守りの仕事もあと数時間です。

今年はよく働いたなぁ。

 

では、さっさと記事を書いてしまいましょう。

今年の冬も、2012 年の冬に買ったイージートーンのロングブーツを履いております。

f:id:hanabatake3:20161231213943j:plain

本革です。

でも、イージートーンの靴底をご存知の方、、これが、多分二年くらい履くと穴が開いてしまうのです。

f:id:hanabatake3:20161231214157j:plain

これが靴底なんですけど、肉球 (?) のふちに穴が空いているのわかります??

このタイプのブーツを二足、黒と茶色を履き回しているんですけど、履く機会の多い黒い方が一昨年、穴が空いてしまい。。

 

でも、靴自体はまだまだ履けるし、本革だし、まだまだ履きたいと思って、修理できるところを探したのです。

そして見つけました。

ここ

そして、穴の空いた靴底に新しい靴底を貼っていただき、蘇ったのでした! 

快適な冬を過ごし終えようとした頃、、な、な、な〜んと、茶色の靴底にも穴が〜

そして、、、そして、かなりくたびれて、シミまでついてしまったんですね。。

 

今年はシーズンが始まる前に、修理していただこうと思い、、昨年お世話になったあの靴屋さんに伺ったのでした。

穴の空いた茶色と、昨年お世話になった黒も両方見ていただくことにしました。

 

店長の戸田さんは、ちゃんと覚えていてくださり、私の記事を読んで修理に来られるお客さんもいらっしゃると、嬉しそうに話してくださいました。

 

この日私が持参したものとまるで同じブーツも、先約で修理を待っておりました。(^-^)(^-^)

私のブーツちゃんは、、こんな無残な姿でお店に持ち込まれたのでした。

色があせて、、、見てみて〜、墨をこぼしたようなシミ。

f:id:hanabatake3:20161231215640j:plain

かかと付近は擦れてしまって、、、ボロボロ。

f:id:hanabatake3:20161231215730j:plain

綺麗にならないかな〜、、私今年は反省して靴を持参しました。

昨年から今年にかけては、気に入っている靴なのに、ほとんど手入れができなかったんです。

クリームを数回塗ったっきり。

 

戸田さんに靴を見せる時は、さすがに恥ずかしかったです。

一週間くらいしたら取りに伺う約束をしました。

 

子供の頃、歯医者に虫歯を治しに行くたびに、次からは絶対忘れずにお手入れしなくちゃと心に誓った時のような気持ちでした。

 

さてさて、一週間が経ち、ブーツくんを迎えに行くと。。。

なんと、とても艶っぽく、美しく蘇っていました。

丁重にお礼を言い、また記事に書かせていただく約束をして帰って来ました。

 

そして、やっと今日書いているのですが、、なんとか今年のうちにお礼を形にしたいと。。思ったわけなのです。

ブーツくんがどうなったかというと。

f:id:hanabatake3:20161231220842j:plain

美しいでしょ??

これ 2012 年に買ったんですよ。

丸 4 年ですね。

修理に出した時は、ささくれてガサガサだったんですよ (T T)

さすがプロのお仕事です。

f:id:hanabatake3:20161231220949j:plain

ささくれたかかとも、ピカピカです。

これは、ワックスを塗ってくださったそうです。

この美しさには、心より感激しました。

 

今年は、二足の靴底、そして傷んだ皮の補修も含め、二足で 7000 円。一足 3500 円です。

あんなに汚かったのに。。。

 

綺麗になったブーツが帰ってきてから、改めて、レビューの良かったクリームを購入し、毎週とは行かないまでも、お手入れをなんとか続けているのでした。

 

ブーツを磨くのも、大事な時間としてちゃんと確保するよう、心がけています。

もう、再び虫歯を作ってしまった時のような敗北感は味わいたくないと思っています。

 

戸田さん、ありがとう!

プロのお仕事は、心を打つものがあるなと感じた出来事でした

 

さてさて、今年はこの記事が最後になりそうです。

みなさま、今年もいろんなことがありましたが、なんとか一年が締めくくれそうです。

ご訪問くださり、ありがとうございました。

 

また来年も、ぜひよろしくお願いいたします。

どうぞ、良い新年をお迎えください。